企業情報

バズ・バレッツとは

csr_flyingdisc_1

 

文化シヤッターバズ・バレッツは、フライングディスクを使った“アルティメット競技”における唯一の実業団チームです。

1988年に当社のサークルとして発足し、1995年に正式に実業団チームとなりました。1999年に全日本選手権で初優勝して以来、これまで連勝記録を更新し続けています。
また、2006年には世界アルティメットクラブ選手権で日本勢として初優勝するなど、日本国内にとどまらず、世界の頂点をめざした活動を行っています。

当社は、“アルティメット競技”の普及と次世代の選手育成をめざす、バズ・バレッツの活動を応援しています。


バズ・バレッツの歴史

1988年 当時強豪だった東京経済大学OBが中心となりサークルとして発足 csr_flyingdisc_3
1991年 近畿大学からアルティメット経験者6人が入社したのにあわせ、実業団チーム「ラビッシュ」としてスタート
1992年 全日本選手権「7位」
1993年 全日本選手権「6位」
1994年 全日本選手権「5位」
1995年

全日本選手権「4位」

チーム名を「バズ・バレッツ」に変更

1996年 全日本選手権「8位」
1997年 全日本選手権「3位」
1998年 全日本選手権「7位」
1999年

ドリームカップ「3位」

社会人選手権「優勝」

全日本選手権「初優勝」

csr_flyingdisc_3
2000年

ドリームカップ「優勝」

全日本選手権「優勝」(2連覇)

2001年

ドリームカップ「優勝」

東日本社会人選手権「優勝」

全日本選手権「優勝」(3連覇)

2002年 ドリームカップ「優勝」
東日本社会人選手権「優勝」
全日本選手権「優勝」(4連覇)
第7回世界 アルティメットクラブ選手権「10位」(24カ国、120チーム参加)日本チーム歴代最高
csr_flyingdisc_3
2003年

ドリームカップ「準優勝」

東日本社会人選手権「優勝」

全日本選手権「優勝」(5連覇)

2004年

ドリームカップ優勝東日本社会人選手権「優勝」

第11回世界アルティメット選手権「5位」(18ヶ国参加)

全日本選手権「優勝」(6連覇)

2005年

ドリームカップ「優勝」

東日本社会人選手権「優勝」

全日本選手権「優勝」(7連覇)

2006年

ドリームカップ「優勝」
東日本社会人選手権「優勝」

全日本選手権「優勝」(8連覇)
第9回世界アルティメットクラブ選手権「優勝」(8ヶ国21チーム参加) 日本チーム史上初の世界チャンピオン

csr_flyingdisc_3
2007年

ドリームカップ「優勝」

東日本社会人アルティメットリーグ「優勝」

全日本選手権「優勝」(9連覇)

2008年

ドリームカップ「優勝」

東日本社会人アルティメットリーグ「優勝」

第12回世界アルティメット&ガッツ選手権「3位」(18ヶ国参加)

全日本選手権「優勝」(10連覇)

csr_flyingdisc_3
2009年

ドリームカップ「優勝」
Club Jr. Invitational「準優勝」
東日本社会人リーグ「準優勝」

全日本選手権「優勝」(11連覇)

csr_flyingdisc_3
2010年

ドリームカップ「優勝」
Club Jr. Invitational「優勝」

第10回世界アルティメットクラブ選手権「3位」(28ヶ国、48チーム参加)

全日本選手権「優勝」(12連覇)

csr_flyingdisc_3
2011年

全日本社会人アルティメット選手権「優勝」

全日本選手権「優勝」(13連覇)

2012年

全日本社会人アルティメット選手権「優勝」

第13回世界アルティメット&ガッツ選手権「5位」(19ヶ国参加)

全日本選手権「優勝」(14連覇)

csr_flyingdisc_3
2013年

全日本社会人アルティメット選手権「優勝」

全日本選手権「優勝」(15連覇)

2014年

 

全日本選手権「優勝」(16連覇)

第11回世界アルティメットクラブ選手権「7位」(29ヶ国、48チーム参加)

アルティメットクラブチャンピオンズリーグ「優勝」

2015年

全日本選手権「優勝」(17連覇)

アルティメットクラブチャンピオンズリーグ「優勝」

2016年

第14回世界アルティメット&ガッツ選手権「準優勝」(31ヶ国参加)

全日本選手権「優勝」(18連覇)

アルティメットとは

アルティメットとは、フライングディスクを使った競技の一種。ワールドゲームズ正式種目です。
数あるフライングディスクの競技の中でも、スピード・持久力・技術の全ての要素が必要な文字通り究極の(Ultimate)のスポーツと言われています。

 

アルティメットの起源

csr_flyingdisc_7

1968年、コロンビアハイスクールのサマーキャンプで、フットボール場を使いフライングディスクによるフットボール的なゲームをしたことが起源といわれています。 バスケットボールとアメリカンフットボールの要素を合わせたようなチーム競技で、重さ175g、直径27cmの公認ディスクのうち最大のものを使用します。スピードと持久力、ディスクコントロール技術など、フライングディスクの全ての要素を集約した、その名の通りUltimate(究極・極限)の競技です。

 

ルール

csr_flyingdisc_8
  • 1チーム7人制
  • オフェンスチームは味方同士でパスをつなげ、相手のエンドゾーンでパスをキャッチすれば1点
  • オフェンスチームがディスクを落としたり、ディフェンスチームにキャッチされてしまうなどしてパスが途切れたら攻守交代
  • オフェンスはディスクをキャッチしたら歩いてはならず、10秒以内にスローする
  • 接触プレーはファールになる(すべてのジャッジはコート内のプレーヤー自身が行う)
  • 時間制(40分ハーフ制)、ポイント制(19点先取)などがある
  • フライングディスク競技の詳細はこちらからご覧ください。

http://www.jfda.or.jp/