大規模震災に備える

大規模震災に備える

日本国内で発生した震度3以上の地震の回数は、直近の 5年間で見ると2015年まで減少傾向だったものの、2016年は熊本地震が発生した影響もあり、例年以上の地震が観測されました。

地震多発国の日本には、北海道から九州まで 約2,000もの活断層があり、大きな地震引き起こす可能性が 高い活断層が複数指摘されています。関東から九州の広い範囲での強い揺れが想定される「南海トラフ地震」や、首都中枢機能への影響が懸念される「首都直下地震」は、今後30年以内に発生する確率が70%とも言われています。

こうした大規模震災時直後には建物のみならず、ドアやサッシなどの非構造物も大きなダメージを受け、またそれに伴い、火災による二次被害も予想されます。 文化シヤッターでは、大規模な震災時にも機能する防災・減災をキーワードとしたオリジナル製品をご提案します。

文化シヤッターの大規模震災対策製品