働く仲間と共に

雇用の創出

障害者雇用と定年後再雇用制度について
文化シヤッターでは、障害者の雇用率が2019年3月時点で1.95%となり、民間企業法定雇用率の2.2%を達成することができませんでした。地域の一員である企業として、「共生社会の実現」に向け、今後も雇用促進に取り組んでいきます。また、定年後再雇用制度については、本人の希望に応じ、65歳まで継続して働くことができ、長年培った能力を定年前と同様に活かしながら、その経験を後進の育成に役立てるなど、他世代交流の活性化にもつながっています。2018年度の定年後再雇用実績は41名でした。