社会と共に

スポーツを通じた社会貢献
文化シヤッターでは、「スポーツ支援を通じ、地域社会の発展と、スポーツを楽しむ子どもたちの夢や希望をサポートする」をモットーにさまざまな取り組みを行っています。
本社を構える文京区を拠点としたサッカークラブチーム「東京ユナイテッドFC」「文京LBレディース」を地域活性化の観点からオフィシャルスポンサーとして応援しています。また、当社が保有するアルティメット実業団チーム、文化シヤッター「Buzz Bullets」は、日本一のチームとして活躍する一方、特別支援学校等において、継続的にフライングディスク教室を開催するなど、選手自らが積極的に貢献活動を実施しています。毎年開催している文京区スポーツ振興課との協働事業「フライングディスク体験教室&アルティメット大会」には、多世代が共に身体を動かす機会として多くの方にご参加いただいています。このような活動により、当社は2016年度より東京都スポーツ推進企業として認定されており、今後もスポーツの魅力を通じて多くのコミュニケーションが生まれる地域づくりに貢献していきます。

神奈川県立伊勢原養護学校でのフライングディスク教室

※ アルティメット フライングディスクを用いた7人制チームスポーツ。
from STAKEHOLDER
Buzz Bullets選手
神奈川県立瀬谷養護学校 大和東分教室 教諭
吉川 洋平 様

フライングディスク教室は、特別支援学校の児童生徒にとって、スポーツへの参加意欲や運動能力を向上させる効果があります。運動が苦手な生徒でも、誰もが笑顔で取り組むことができるのも、大きな魅力の一つだと思います。トッププレイヤーが直接指導してくれることも生徒の興味・関心を惹くきっかけとなっており、共同学習としても充実した時間となっています。
私自身Buzz Bulletsの現役選手ですので、スポーツの魅力を活かした貢献活動にこのような形で携わることができ、大変嬉しく思っています。

Buzz Bulletsの戦績
文化シヤッター「Buzz Bullets(バズ・バレッツ)」は、2019年7月に開催された第44回文部科学大臣杯全日本アルティメット選手権大会を制覇し、20回目の優勝を飾りました。2018年度の戦績は下表の通りです。
第44回文部科学大臣杯全日本アルティメット選手権大会
 
 
一般社団法人 ATHELETE SAVE JAPAN との業務提携契約締結
文化シヤッターでは誰もが安心してスポーツを楽しむ環境づくりをめざし、一般社団法人ATHLETE SAVE JAPAN(以下ASJ)と業務提携契約を締結しました。ASJは「『いのち』を守る、『いのち』を大切にする心を育む」をスローガンとし、AED講習「いのちの教室」やスポーツクリニックを全国的に展開することで、アスリートが発信する安心・安全な環境づくりを推進しています。「いのちの教室」は東京都オリンピック・パラリンピック教育支援プログラムにも登録されており、トップアスリートも名前を連ねるASJアスリートアンバサダーの皆様と共に、文化シヤッター「Buzz Bullets」の選手も講師として、多くの子どもたちにいのちの大切さを伝える活動を推進していきます。

文京区立誠之小学校での「いのちの教室」

from STAKEHOLDER
一般社団法人 ATHLETE SAVE JAPAN 代表理事
飯沼 誠司 様

ASJではアスリート自身が講師となり、簡易型AED講習会「いのちの教室」と「スポーツ体験」双方の普及活動を全国で実施しています。「スポーツ中の突然死ゼロ」を目標に2018年度は57回の教室を開催、約5,300名が参加しました。シンボルとなるアスリートと共に、行政、学校関係者や企業などに協力を募る中、今回の文化シヤッターとのご縁により、さらに活動の幅が広がることを期待しています。来年に迫った東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を契機に、この活動がレガシーとなるよう、取り組んでいきますので応援よろしくお願いします。

「一般社団法人ATHLETE SAVE JAPAN」について

「『いのち』を守る、『いのち』を大切にする心を育む」をスローガンとし、アスリートによるAED講習やスポーツクリニックを中心に活動しています。「いのちの教室」は東京オリンピック・パラリンピック教育支援プログラムにも登録されており、日本全国で誰もが参画できるプログラムとなっています。

社名:一般社団法人 ATHLETE SAVE JAPAN 
代表者:代表理事 飯沼誠司
所在地:東京都大田区北千束1-4-20 G-FLAT412
設立:2015年9月28日
URL:http://athlete-save.jp/
「いのちの教室」とは

ASJに所属するアスリートが学校・職場などで実施するAED講習です。AEDの必要性を伝えるメッセージビデオの鑑賞や、心臓マッサージの実践などを通じて、いのちを大切にする心を育むことはもちろん、万が一の事故が起こった際にも、主体的に行動できる人材を育成することを目的としています。また、「いのちの教室」の後には、アスリートによるスポーツクリニックを実施するなど、安全な環境の下でスポーツを楽しむ機会も提供しています。

文化シヤッター「Buzz Bullets」とは
文化シヤッター「Buzz Bullets(バズバレッツ)」は、フライングディスクを使った“アルティメット競技”における唯一の実業団チームです。当社は、“アルティメット競技” の普及と次世代の選手育成をめざし、バズ・バレッツの活動を応援しています。

文化シヤッター「Buzz Bullets」の詳細はこちらから
企業情報>スポーツ支援>バズ・バレッツとは
地元クラブチームを支援

文化シヤッターは、スポーツを通じた地域社会の発展と、スポーツを楽しむ子どもたちの夢や希望をサポートしています。「東京ユナイテッドFC」および「文京LBレディース」は、地域コミュニティと大学コミュニティを融合した日本初のサッカークラブチームであり、本社を構える文京区を拠点としたこのクラブチームを発足当初からオフィシャルスポンサーとして応援しています。「サッカーを通じて、人をつくり、社会をつくり、未来をつくる」という理念のもと、サッカークラブだけでなく、統一のブランドを掲げるプロフェッショナルファームの運営や、選手のセカンドキャリア支援など、新しいクラブチームのあり方を提案し続けるその活動姿勢に賛同し、若手選手を当社の従業員として迎え入れ、活躍してもらうなどのキャリア支援にも積極的に取り組み、さまざまな側面から応援しています。

関連ページ:東京ユナイテッドFC

東京ユナイテッドFC 当社従業員:田鍋選手(前列中央)、黄選手(後列右端)
文京LBレディース
VOICE
文化シヤッター 首都圏ビル建材支店 二部営業課
黄 大俊

2015年に戦力外通告を受け、私は職を失いました。当時26歳。現役続行という選択肢もありましたが、引退を決意、セカンドキャリアを模索している時に福田監督と出会いました。東京ユナイテッドFCで現役選手としてプレーしながら、福田監督紹介の会計事務所でビジネスの基本を学びました。今までサッカーしかしてこなかった私にとって、全てが新鮮で、日々新たな気づきを得る毎日でした。今は文化シヤッターの従業員として、優秀セールスの表彰を受けるまでに成長させていただきました。私のセカンドキャリアを支えてくださった多くの方々に感謝をしながら、ビジネスマンとサッカー選手、二足のわらじで頑張っています。

第3回フライングディスク体験教室&アルティメット大会を開催
文化シヤッターは、東京都スポーツ推進認定企業として、スポーツを通じたさまざまな社会貢献活動を実施しています。その一環として、初心者や家族など、多世代が一緒に身体を動かしながらスポーツを楽しめる「フライングディスク体験教室」と文京区で唯一の大会となる「アルティメット大会」を文京区スポーツ振興課と協働で開催しています。会場となった小石川運動場には地域の子どもたちや近隣の大学生など総勢167名が集まり、当社実業団チーム文化シヤッター「Buzz Bullets」の現役選手から指導を受け、晴れ渡った青空の下、競技を楽しんでいました。アルティメット大会では、大人と子どもが同じフィールドに立ち、トーナメント戦で競い合いました。会場の至る所から歓声が上がり、おおいに盛り上がりました。
「Buzz Bullets」は、アルティメット競技における日本で唯一の実業団チームであり、今後も当社ならではのスポーツを通じた貢献活動を継続して行っていきます。
 
アルティメット フライングディスク(フリスビー)を用いた7人制のチームスポーツで、チーム内でフライングディスクを落とさずにパスをつなぎ、敵陣エンドゾーン内でディスクをキャッチすれば得点となります。
フライングディスク体験教室の様子
from STAKEHOLDER
荒波恒平さん、健太さん、朋佳さんと文化シヤッター「Buzz Bullets」宮崎勝常選手
荒波 恒平 様

毎週水曜日のアルティメット教室には、開始当初から家族4人で参加しています。家族が一緒に汗を流すこの時間はとても貴重で、教室以外にもフライングディスク競技をプレーするさまざまな機会をいただき、本当に感謝しています。特に大会では、日本代表の現役トップ選手に直接指導してもらえるほど距離感が近く、子どもたちも毎年楽しみに参加させていただき、始めた頃はうまく距離が伸びず泣いていましたが、今では50mも投げられるようになりました。