大規模震災に備える

日本国内で発生した震度3以上の地震の回数は、直近の5年間で見ると2016年は熊本地震の影響もあって例年以上の地震が観測されましたが、発生頻度は増加基調にあります。

地震多発国の日本には、北海道から九州まで 約2,000もの活断層があり、大きな地震引き起こす可能性が高い活断層が複数指摘されています。関東から九州の広い範囲での強い揺れが想定される「南海トラフ地震」や、首都中枢機能への深刻な影響が懸念される「首都直下地震」は、今後30年以内に発生する確率が70%とも言われています。

こうした大規模震災時直後には建物のみならず、ドアやサッシなどの非構造物も大きなダメージを受け、またそれに伴い、火災による二次被害も予想されます。 文化シヤッターでは、耐震性能試験をクリアするなど、防災・減災をキーワードに大規模な震災時にも機能するオリジナル製品をご提案します。

文化シヤッターグループの大規模震災対策製品

<ドア>
アスコード

「アスコード」
地震による建物変形時にも閉鎖する防火戸

<引戸>
ヴァリフェイスAi

「ヴァリフェイスAi」
地震でドア枠が変形しても開閉できる“高齢者集合住宅向け”玄関引戸

<引戸>
ヴァリフェイスAe

「ヴァリフェイスAe」
地震でドア枠が変形しても開閉できる“マンション向け”玄関引戸

<防煙垂れ壁>

「ケムストップⅡ」
(BXテンパル製)

ガラスに替わる“軽い割れない飛散しない”不燃シート製の防煙垂れ壁

<パーティション>
プレウォールICN

スチールパーティション
「プレウォールICN」

制震ユニットを組み込むだけで天井も含めて震度7級の地震にも耐えるスチールパーティション

<パーティション>
クレアパート

ガラスパーティション
「クレアパート」
(ガラスパーティション仕様)

制震ユニットを組み込むだけで天井も含めて震度7級の地震にも耐えるガラスパーティション

<パーティション>
避難所用間仕切

「避難所用間仕切」
避難所でプライバシーを簡易的に確保できる間仕切

<金物>
制震装置

「制震装置」
(BXカネシン製)

耐震構造の住宅に制震性能をプラスし、地震による揺れを軽減する装置



お問い合わせはこちらから