IR情報

対処すべき課題

当社グループは、2016年度より5カ年を見据えた中期経営計画のもと、「進化する快適環境ソリューショングループ」を基本テーマに、人、社会、環境にやさしい「多彩なものづくり」とそれらの「サービス」を通じて社会の発展に貢献し、人々の幸せを実現すべく様々な課題に取り組んでいます。

3年目となる今年度は、年度方針に「成長戦略の構築 生産性を追求した働き方の革新」を掲げ、これまで以上に生産性を高めて収益力を強化するとともに、将来へ向けた成長戦略を実践することで、企業価値の向上に努めてまいります。

中長期的な会社の経営戦略と対処すべき課題

今後の当社グループを取り巻く市場環境は、2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に向けた関連施設等の本格着工がピークを迎えるとともに、大都市圏における再開発プロジェクトやインターネット通販の拡大に伴う大都市圏近郊の大型物流倉庫など、旺盛な建設需要を背景に底堅く推移するものと思われます。

このような状況のもと当社グループでは、2016年度から2020年度までの5カ年における中期経営計画を推し進めており、「進化する快適環境ソリューショングループ」の実現をめざし、当社グループ一丸となって、計画達成に向けて事業領域の拡大による企業価値の向上に取り組んでいます。

中期経営計画の3年目である2018年度は「生産性を追求した働き方の革新」の基本方針のもと、社員一人ひとりが「生産性」の向上にこだわり、単にPDCAを回すだけではなく、明確な数値目標と行動計画のもとで業務を遂行してまいります。

当社グループの主力事業である重量シャッターや軽量シャッター等の「シャッター関連製品事業」及びスチールドアや引き戸、パーティション等の「建材関連製品事業」を「基幹事業」と位置付け、お客様の要望や用途に応じて的確な提案を行うコンサルティングセールスを実践し、当社グループ製品の複合販売を積極的に推し進めてまいります。

また、建築基準法の改正に伴う「防火設備の定期検査・報告制度」が2019年度から本格稼働することに伴い、当社グループ内における連携を強化するなど、防火設備等の検査・メンテナンス体制を整備、拡充させてまいります。

一方で、ポスト2020を見据え、今後の当社グループの発展を担う事業を「注力事業」と位置付け、新しい価値創造やビジネスモデルの構築も積極的に推し進めてまいります。

海外事業においては、これまでベトナムを中心に東南アジアを内需と捉えて事業を展開してまいりましたが、その活動領域をオーストラリアへと拡げ、さらなるグローバル化を積極的に推し進めてまいります。

このように、当社グループは「快適環境のソリューショングループ」として常に進化し続けることで、絶えず変化する社会的課題の解決をめざして事業に取り組んでまいる所存です。