IR情報

対処すべき課題

当社グループは、2016年度より5ヵ年を見据えた中期経営計画のもと、「進化する快適環境ソリューショングループ」を基本テーマに、人、社会、環境にやさしい「多彩なものづくり」とそれらの「サービス」を通じて社会の発展に貢献し、人々の幸せを実現すべく様々な課題に取り組んでいます。

2年目となる今年度は、「成長戦略の構築」を掲げ、これまで以上に生産性を高め収益力を強化するとともに、将来へ向けた成長戦略を実践して企業価値向上に努めてまいります。

中長期的な会社の経営戦略と対処すべき課題

1. 「基幹事業」の強化、拡充

東京オリンピック・パラリンピックの開催決定や大都市圏の再開発プロジェクト、インターネット通販の市場拡大に伴う大型物流倉庫等、非住宅分野における大型案件の旺盛な建設需要を背景に、当社グループの主力事業である重量シャッターや軽量シャッター等の「シャッター関連製品事業」及びスチールドア、引き戸、パーティション等の「建材関連製品事業」を「基幹事業」と位置付け、お客様の要望や用途に応じて的確な提案を行うコンサルティングセールスを実践し、当社グループ製品の複合販売を積極的に推し進めてまいります。また、インターネットとの連携による商品・サービスの提供やインターネット販売への参入による新たな販売チャネルの開拓など、将来を見据えた取り組みも開始しています。

2. 「注力事業」の体制強化

一方で、今後の当社グループの発展を担う事業を「注力事業」と位置づけ、“エコ”と“防災”をキーワードに多彩なものづくりやソリューションを提供する「エコ・防災事業」をはじめとして、お客様に末永く安心して商品をお使い頂く「ライフロング・パートナーシップ」のコンセプトのもと、住宅リフォームやビルのリニューアルを手掛ける「ロングライフ事業」、防火設備の定期検査・報告制度の本格運用(改正建築基準法:2016年6月施行)に伴い、防火シャッター・防火ドア等、防火設備の定期点検が義務化されたことに対応する「メンテナンス事業」、ASEAN(東南アジア諸国連合)市場をターゲットとした「海外事業」及び当社グループが保有する技術力やノウハウにより特殊仕様のニーズに的確に対応する「特殊建材事業」の5つの事業分野において、さらなる強化、拡充を図ってまいります。

また、既存事業領域にとらわれない新事業の創出、M&A(企業の合併、買収)等にも積極的に取り組み、当社グループの将来を見据え、永続的に成長できる体制強化を推し進めてまいります。

3. 「ことづくり」の発想に基づくソリューションの提供

お客様の視点と生活感覚に適した商品やサービスを提供する「ライフ・イン」のコンセプトのもと、お客様の要望にきめ細かく対応できる提案型商品を拡充しており、これまでの「ものづくり」の発想をさらに進化させ、お客様視点で高い付加価値を追求する「ことづくり」の発想のもと、既存商品の改良・改善や新商品の企画開発を図り、様々な社会的課題の解決に向けて、お客様に最適なソリューションの提案、提供を実行してまいります。

商品展開としましては、HEMS(家庭用エネルギー管理システム)と連動し、スマートフォンでの操作が可能な電動窓シャッター「マドマスター・スマートタイプ」や、さらなる改良を加え、用途・機能毎に商品体系を刷新した高速シートシャッター「エア・キーパー大間迅」、意匠性が高く“こだわりのオフィス空間”の演出が可能なパネル式移動間仕切「プレウォール フィット」、深刻化するゲリラ豪雨による浸水被害に対応する簡易型止水シート「止めピタ」やBX止水板「ラクセット」、止水ドア「アクアード」など、絶えず変化する市場ニーズに対応するため、商品ラインアップの拡充を図ってまいります。

4. 海外事業の強化、拡充

海外事業につきましては、BX BUNKA VIETNAM Co.,Ltd.(ベトナム社会主義共和国)において、生産から販売、施工、アフターメンテナンスに至る製品の供給体制の強化、拡充を推し進めるとともに、2016年2月に資本・業務提携を開始したEUROWINDOW.,JSC(ベトナム社会主義共和国)との緊密な連携によって、取扱商品の拡充、顧客基盤の強化、収益モデルの強化等によるシナジーの創出を図ることで、ASEAN諸国への製品供給体制を整備してまいります。

今後は、このベトナムに加えて、当社のインドネシア駐在事務所やBX BUNKA TAIWAN Co.,Ltd.(中華民国)を起点として、アジアを内需と捉えて、これまでに培った技術力や専門知識を駆使し、積極的なコンサルティングセールスを実践してまいります。

5. 人材育成の強化

当社グループでは、企業が成長しその基盤を強固なものとするためには、人材育成による人財力の強化が必須であると認識しています。

お客様の視点に立って、高い付加価値を追求する「ことづくり」をさらに推し進めて行くためにも、商品開発はもとより製造や販売、アフターメンテナンスなど全ての事業分野において、教育、研修に注力するとともに、従来から実施している「マイスター制度」に基づく技術の伝承や新たに創設した起業家精神を醸成するための「BXベンチャー制度」、海外子会社との海外派遣制度など、社員自らが事業環境の変化に対応し、自発的に成長できる職場環境の整備を推し進めてまいります。

6. 経営基盤の強化

当社グループの事業活動の原点である社是(「誠実」「努力」「奉仕」)をはじめとして、経営理念やCSR憲章など、当社グループメンバーが順守すべきルールを常に確認し、事業活動を推し進めること、また、全ての関係法令を順守し、公正な事業環境の中で利潤を追求すること、すなわち事業活動を通じて広く社会に貢献することが、社会との信頼関係を構築することであると認識しています。

そのために、役員、社員全員が法令順守のさらなる徹底を目指し、コンプライアンス教育や研修を実施するとともに、良き企業市民として地域との連携を強化し、社会貢献活動や環境配慮活動等の実施による「社会との共生」を積極的に推し進めてまいります。

また、社員一人ひとりがPDCAを着実に回し、業務の改善、改革や組織力の強化による“働き方の革新”を実現することで、経営基盤のさらなる強化を図ってまいります。