社長メッセージ

未来を切り開く、快適環境のソリューショングループをめざしてまいります

Print

文化シヤッターは1955年の創業以来、各種シャッターをはじめ、ビル用建材、住宅用建材を製造・販売する総合建材メーカーとして、製造から販売、施工、アフターメンテナンスまでを手掛ける一貫した責任体制のもとで事業を展開しております。そして、生活者視点で開発した製品の提供を行う「ライフ・イン」と、アフターメンテナンス体制の充実によりお客様との永続的な信頼関係づくりを行う「ライフロング・パートナーシップ」の2つのコンセプトのもと、「技術力」と「施工力」を強みに、暮らしに役立つ製品とサービスの提供に努めてまいりました。

当社グループは現在、2023年度までの3ヶ年を見据えた中期経営計画を策定し、資本コストとバランスシート経営を意識し、最適な資本構成の方針に基づいた経営戦略を推進するべく、基本テーマである「未来を切り開く、快適環境のソリューショングループをめざして」の実現に向けて邁進しております。

この中計では、ESG経営とSDGsの理念と連動した持続可能な社会の実現をめざすために、気候変動に伴う“緩和”と“適応”に貢献する取り組みに注力しております。具体的には、温室効果ガスを削減する“緩和”に繋がるエコ事業と、大規模自然災害の被害を最小限に抑える“適応”に繋がる防災事業を「エコ&防災事業」と称し、今後の成長戦略の要となる「注力事業」の中核事業の一つとして、さらなる事業の拡大を進めてまいります。
また、2021年には脱炭素社会に向けた取り組みを加速させるため、2050年に事業活動における温室効果ガスの実質排出量ゼロをめざす「2050年脱炭素宣言」及び、TCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)への賛同を表明しました。さらに、今年4月の株式新市場の再編に際してはプライム市場を選択し、同市場においてTCFD対応をはじめとする環境対策投資や成長投資を推し進めることで、ステークホルダーの皆様の期待に応えてまいる所存です。

今後も当社グループは「未来を切り開く、快適環境のソリューショングループをめざして」の基本テーマのもと、社会環境に主体的に対応し、未来志向で事業の発展に取り組み、お客様と社会から必要とされる製品とサービスの提供に努めてまいりますので、皆様からの変わらぬご支援とご指導を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長